迷走するブログ(゚∀゚)

気になった記事やニュース・動画などを紹介していくサイト

 
おすすめのサイト |д゚)
 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒いときに鼻水が出てくるわけ


Category: 興味深い      Tags: 鼻水  
2011_0331_hanako.jpg季節的には、これからどんどん暖かくなり春を迎えるわけなのですが
みなさんは寒いところにいると、鼻水が出てきたりしたことはありませんか?
今回はその仕組みのお話




寒い時に鼻水が垂れてきてしまうのはどうして?:Gigazine

人の鼻は1日に平均して約1クォート(約946ミリリットル)もの鼻水を分泌しています。そんなにたくさん出ているのにはなをかまずに済む場合もあるのは、分泌されたものの大部分はのどに流れていき、しばしば自分でも気づかないうちに飲み込んでいるからです。しかし、冬の冷たい空気の中で呼吸をすると、のどに流れずに鼻の穴からたらりと垂れてきたという経験のある人は多いのではないでしょうか。

その時体内で一体何が起こっているかというと、冷たい大気に反応して鼻への血液の供給が増加し、血流を増加させるために鼻の中の毛細血管が広げられているのです。

この反応のおかげで鼻は温かくなり、吸気が肺に入る前の段階で温められます。血流を増やすだけでは冷たい空気を完全に温めることはできませんが、同時に鼻水を分泌する腺により多くの血液が供給されます。

そして血流が増えたことによって平常時よりはるかに多い鼻水が分泌され、結果としてはなが垂れてくるというわけです。しかしこの状態はずっと続くわけではなく、室内などの温かい環境に戻れば、鼻の中の血管は収縮し、鼻水の分泌腺の働きは正常な範囲に戻ります。

また、風邪をひいたり何らかの病気を患ったりした時も、体内では寒い中にいる時と同様の反応が起こっています。ただし、この場合は吸気を温めるのではなく鼻水の分泌が主な目的で、それによって体からより多くの細菌を追い出そうとしているのです。花粉症を患うとはなが出るのは、体がアレルギー物質をウイルスだと判断して追い出そうとしているためです。

ちなみに、泣いている時にはなが止めどなく出てきてしまうのはこれまでの反応とはちょっと異なり、まぶたの外に流れ出なかった涙が鼻を通って伝い落ちて行き、鼻水と一緒になって出てくるからです。そのため、泣いている時の鼻水はかなり水っぽいものになります。


by DerNetteAlex




超立体 マスク花粉用 ふつう 30枚
ユニチャーム (2007-01-20)
売り上げランキング: 26











アクセスランキング

Comments

Leave a Comment



★管理人からのお知らせ★

やっと時間に余裕が出てきたので
またぼちぼちと更新していこうと思います。
よろしくお願いします。
ひさしぶりに設定いじってみて思ったけど、このサイト重すぎ…(´・ω・`)
 
ブログ内検索フォーム
 
おすすめの商品
ESET パーソナル セキュリティ 3年版(最新版)
ESET パーソナル セキュリティ 3年版(最新版)
すごく軽いのにしっかり守ってくれる、おすすめのソフト
 
 
FC2カウンター
 
名言
 
ブロとも申請フォーム
 
 
当ブログについて
 
逆アクセスランキング
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。