迷走するブログ(゚∀゚)

気になった記事やニュース・動画などを紹介していくサイト

 
おすすめのサイト |д゚)
 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵対的なエイリアンと人類との間で戦争が勃発


Category: 未知   Tags: 未知  宇宙人  戦争  UFO  
2011_0627_ww3utyu.jpg
ET専門の秘密部員で軍人暗殺者のサイボーグ訓練を受けた「マイケル・プリンス」という人物によれば、敵対的なエイリアンと人類との間で戦争(第三次世界大戦)が勃発したそうです。今この瞬間にも、人間の軍隊と敵対的な地球圏外の軍隊の間の武装した戦争が頻繁に行われているらしい。




公益通報者:WWIII、敵対的なETSと人類との間の戦争が、開始された
http://quasimoto.exblog.jp/15006532/ より転載

マイケル・プリンス、 SSとMI - 6英国の諜報網のサイボーグスーパー兵士を暗殺者になるために訓練された現役の内部告発は、第三次世界大戦、敵対的な地球外文明と人間の文明間の戦争が開始されたことを述べている。 人間力と敵対する宇宙人の勢力間の武力戦争は今、頻繁に行われているとプリンス氏は述べています。


ET 偽軍事作戦行動の操作も予定されています

グレイ/爬虫類軍産地球外複合体[MIEC]と同盟した人間が同時に偽軍事ET侵攻を準備していると、プリンス氏は述べています。 地球乗っ取りを計る、負の地球外生命体-人間の提携の目的は、軍事産業地球外複合体[MIEC] と呼ばれています。


ホモサピエンスの優れた生存ダイナミクス

しかし、人間種の優れた生存ダイナミクスから、人間社会は、主にグレイとドラコ爬虫類の派閥の構成されて敵対的な地球外の文明を打ち負かすだろうとプリンス氏は言う。 インタビューの最後にプリンス氏は言う、"それは、危険な状況です"。 "しかし、すべてがコントロール下にあり、人々はパニックにはならない。"


マイケルプリンス2011プローブの会議のインタビューを見る


プリンス氏の暴露が、彼が英国ランカシャー州にあるセントアンズオンシーにける2011年3月プローブ春季大会中に与えた、2時間29分のインタビューに含まれている。読者は、上記の記事か、以下の埋め込まれたURLでそのインタビューにアクセスできます。

http://www.youtube.com/watch?v=s6K7C8bndHk





1964年に、米国のインテリジェンスは、2000年から2030年にはグレイ/爬虫類ETの乗っ取りを予想

敵対的な地球外のグレイ/ドラコ爬虫類派と人類との間の現在の戦争は数十年前から激化されて来た。

彼の本では、マイケル・プリンスは、1964年に米国の諜報機関は、グレイ/爬虫類宇宙人の提携はいつか2000年 -2030年の期間で地球の惑星の乗っ取りのためのタイムテーブルを持っていたと結論していたことが明らかになった。

彼は書いている、"1964年4月15日には、2つの米国の諜報要員はニューメキシコ州のホロマン空軍基地で4月25日の会議を手配するためにニューメキシコ州の砂漠でグレイとプロジェクトプラトンの下に会った。 この会議は、再び1934年に開始した条約を更新することであり、グレイとドラコ爬虫類の問題を解決するために時間を買うために心理的な企てだった。 米国のインテリジェンスの上位レベルは今グレイとDracosはこの惑星の2000年と2030年の間に侵入し、乗っ取りのためにタイムテーブルを持っていたと信じていた。"


マイケル・プリンスの本ジェームズCasbolt MI - 6をダウンロード:生き埋め

その誕生名マイケル・プリンス、養子名ジェームズ・コズボー(Casbolt)であるプリンス氏は、彼の本「ジェームズ・コズボー MI - 6:生き埋め」でこれらの暴露を行った:次のURLでアクセスできる。

http://bit.ly/joXELw


グレイ/爬虫類乗っ取りのExopolitical影響

マイケル・プリンスの暴露は、この時点で地球のexopolitical状況に大きな影響を持っている。 1964年に米国の諜報によって識別された敵対グレイ/爬虫類派閥のアジェンダに従っている支配者のエリートによる、脅威にさらされた人間社会の乗っ取りの豊富で独立した証拠がある。


人類は捕食性の爬虫類地球外の生物種の対象となることがあります

http://www.examiner.com/exopolitics-in-seattle/famed-ufo-historian-humanity-may-be-targeted-by-predatory-reptilian-extraterrestrial-species


最大1億人に及ぶ人間が超次元のETに誘拐され、認知的不協和にあるされています

http://www.examiner.com/exopolitics-in-seattle/up-to-1-billion-humans-are-abducted-by-hyperdimensional-ets-and-humans-are-cognitive-dissonance

この支配者のエリートは、意図的乗っ取りになるグレイ/爬虫類派閥の指令と制御下にクローンやサイボーグによって増やされて来た、地球上の政府(行政、立法、そし​​て司法の支部)、報道機関、国際機関、そして軍と諜報組織を含んでいます。


2011:世界経済秩序の来る崩壊

http://www.examiner.com/exopolitics-in-seattle/2011-the-coming-collapse-of-the-world-economic-order-part-1


ネルソン、BC、カナダのQ552 SSベースで始まる、サイボーグの暗殺者として訓練

彼の2011年3月のインタビューで、マイケル・プリンスは、1976年から1979年の間に、ネルソン、ブリティッシュコロンビア州、カナダの近くにある秘密のナチSSの外傷のマインドコントロールのトレーニング施設でトラウマベースのマインドコントロールと将来のサイボーグスーパー兵士として移植手術を受けた、42人の子供のグループの一人であることを明らかにした。

42人の子どもたちは、多世代トラウマベースのマインドコントロールされたファミリーの一部である人間の家族に採用されていた、人間-地球外生命体のDNAを基に並び替えられた、試験管ベイビーだった。 子どもたちは将来の暗殺者に訓練されていた。

このレポーターアルフレッドLambremontウェブレは、 1976年から1979年の期間でブリティッシュコロンビア州マーフィー湖とも知られているイーグル湖の地域におけるナチスの基地施設のためのフロントとして活動した、ブリティッシュコロンビア州ナチスネットワークのコーディネーターと個人的に会った信頼できるソースとブリティッシュコロンビア州で話しました。 イーグル湖はプリンス氏が彼のインタビューで公開したカナダのブリティッシュコロンビア州ネルソンのナチSS Q552トラウマベースのマインドコントロールの訓練基地エリアの北西部である。


グレイ宇宙人と米国政府との間の1934年条約

マイケル・プリンスによると、グレイ宇宙人の間の最初の条約は、7月、1934年に調印された。 プリンス氏は言う、"それは合意が最初にグレイ(実際にはドラコ星系から爬虫類のような人間の種族を表された人)と米国のインテリジェンスコミュニティの代表者との間で行われたことだった。 条約は、高い技術を提供するグレイの見返りとして、米国連邦政府は、グレイが進行中のET遺伝的プログラムで使用するための人間の誘拐を妨害されずに続行することを許可することだったと述べた。"

プリンス氏は書きました、"1934年7月11日、リトルグレイ(オリオン星系から来た大きな重なりのある目で約3・5フィートの灰色の人間)として知られる人型生命体と大統領フランクリンルーズベルトの下の米国連邦政府間の最初の条約が、バルボア、パナマの港湾都市で、海軍の船で発生した。 それは、我々が悪意のある、地球外の種族にホストになって行うことに関して私たちがまだ用意されていない役割におとしめるので、これは人類史上最も重要なイベントの一つであった。"

"善意がある"Zetan(ゼータ)"グレイがいるけれども、これらのエンティティは、中心に人類に最大の関心を持っていませんでした。"

"米国政府は、これを行うこととアメリカの人々に言わないことで、米国の憲法を完全に無視。 それは、契約が最初にグレイ(実際にはドラコ星系から爬虫類のような人間の種族を表すされた人)と米国のインテリジェンスコミュニティの代表者との間で行われたことだった。 条約は、高い技術を提供するグレイの見返りとして、米国連邦政府はグレイが進行中のET遺伝的プログラムで使用するための人間の誘拐と妨害されずに続行を許可すると述べた。"

"アメリカ人は、拉致被害者のリストが政府に提供されている場合、彼らは唯一の条項に同意するだろうと述べ、拉致被害者はイベントの思い出を消去されて無傷で戻った。 グレイは、この見返りに、反重力装置、金属および合金、環境、自由エネルギー、および医療技術を提供した。 これらのグレイは、基本的に彼らはすべてのレベルで人間社会に潜入することを許可されることと引き換えにこのハードウェアを提供すると述べた。 これは、彼らが行なったし、重要な世界のリーダーをその制御下のクローンで交換し始めた。"


"この条約の7年後、1941年、グレイは、ドイツ政府とヒトラーに接近した。

条約は、その後ナチスに配置した。 グレイは、ドイツ人にマインドコントロールと他の技術を提供し、見返りに、人間の被験者に彼らの遺伝学的実験を行うことを欲した。 私が持っている情報は、ヒトラーは、彼らがドイツのアーリア人の人々に接触しないようにしていたが、彼らは強制収容所の人々に望みのことをしたとグレイに言ったということです。 最後の世紀に、あなたが最近アメリカで行方不明になる人々の膨大な量からわかるように、ドイツとアメリカはグレイや爬虫類の侵入の主要な分野となっている。 これは、ナチスがクローン技術とその双子に関する実験に関与した理由です。"

"その時の米国とドイツでは約20人が直接グレイ/人間の条約に関与していました。 情報は政府や秘密のサービス内で厳密に知る必要があるごとに保持した。 少しはグレイ、政府、そして強制収容所の問題については変更されています。 我々は現在、[2006年として]地下強制収容所にインストールされ、我々が話すように、被験者を拷問しているイギリスやアメリカではグレイ、ドラコ爬虫類、そして政府の裏切り者を持っている。"


グレイ宇宙人と1934年条約の10年の拡張

マイケル・プリンスは、グレイ宇宙人との1934年米国の秘密の条約は10年毎に更新されていることを書いています。 彼は述べます、"MIEC [地球外軍産複合体]は40年代前半で拡大するにつれ、1934年グレイと米国​​政府の条約の2つ目の拡張が1944​​年に調印された。 この条約は1934年から1964年に10年毎に更新し、条約は現在でも更新されています。 リンカーンは、最近新しいアーカイブシステムがそこに設定されているように、ドゥルセ、ニューメキシコ州でChrysantheumバイオ遺伝学の施設を訪問しました。 1970年代以来そこに働いている科学者が新しい条約がちょうど署名されていることを彼に知らせています。"


グレイとドラコ爬虫類の宇宙人によって破られた条約

1944年の条約、10年間の延長の時間まで、条約はグレイ宇宙人によって破られていたとマイケル・プリンスは述べています。

プリンス氏は、"それは、彼らが政府のリストに入れていたよりもグレイはより多くの人々を誘拐していたことが発見されたとして、1944年までグレイ/人間の条約はストレスの兆しを見せていた"と書き込みます。 1954年5月では、アイゼンハワー政権の下、グレイと米国政府条約の3番目の拡張が署名された - グレナダ条約。 我々は本の後半で見るように、オリオングレイとドラコ爬虫類は露骨に、条項を破った。

"グレナダ条約は、グレイとNSAのULTRA部門でニューメキシコ州のホロマン空軍基地で合意した。 これは現在変更されているかもしれないが、ホロマンAFBの下の施設の名前は、DANDELIONというコードでした。 ULTRA部門が同時にほとんどのエリートとNSAの派閥の極秘密組織の一つであった。1945年以降のNSAの一部であるプロジェクトペーパークリップのナチスによって実行されました。 すべてのULTRAメンバーは、クローン人間でした。"

"この条約とそれからオリジナルのET材料の元のドキュメントは、NSAの施設ブルームーンと呼ばれる今日見つけることができます。 青は地球外を意味する暗号語です。

関連。 ブルームーンは、ニューメキシコ州のカークランド空軍基地の下にある地下施設です。 基地への入り口はマンザーノ山脈にあります。 ブルームーンの内部にリンカーンとディーンワーウィックが仕事した、非常に秘密主義DOEの技術本部があります。 今日[2006]、ブルームーンでのDOEは、宇宙で使用するために、グレイとドラコ爬虫類技術から開発された自由エネルギーのデバイスを構築しています。"


グレイと爬虫類は2000- 2030年地球乗っ取りのタイムテーブルを持つ


グレイ/爬虫類派閥による地球の侵略と乗っ取りのためのタイムテーブルに関しては、プリンス氏が書いています、"各ET /人間の条約では、政府[MEIC内]は、より高度になっていた。そして文字通り数千年の民間人よりも高度であった人々のグループがあった。 毎年、これらの条約の開始以来、軍事技術の進歩は50年以上が経つ...。その時も今も、公衆は、地球外軍産複合体[MIEC]から新しいコンピュータや技術のいくつかの他の部分を取得しています。これらは初期の白人入植者がインディアンにビーズを与える時に似て、ほんの少し装身具です。"

"1964年4月15日には、2人の米国の諜報要員は、ニューメキシコ州のホロマン空軍基地で4月25日の会議を手配するためにニューメキシコ州の砂漠でグレイとプロジェクトプラトンの下に会った。 この会議は、再び1934年に開始した条約を更新することであり、グレイとドラコ爬虫類の問題を解決するために時間を買うために心理的な企てだった。 米国のインテリジェンスの上位レベルは今グレイとDracosはこの惑星の2000年と2030年の間に侵入し、乗っ取りのために時間を上程していたと信じていた。"

つづく


敵対的なエイリアンと人類との間で戦争が勃発 2





日本人だけが知らない宇宙人とUFOの秘密 (Odein Mook 82)

青空出版 (2010-12-02)
売り上げランキング: 118142

ブログパーツ







アクセスランキング

Comments

Leave a Comment



★管理人からのお知らせ★

やっと時間に余裕が出てきたので
またぼちぼちと更新していこうと思います。
よろしくお願いします。
ひさしぶりに設定いじってみて思ったけど、このサイト重すぎ…(´・ω・`)
 
ブログ内検索フォーム
 
おすすめの商品
ESET パーソナル セキュリティ 3年版(最新版)
ESET パーソナル セキュリティ 3年版(最新版)
すごく軽いのにしっかり守ってくれる、おすすめのソフト
 
 
FC2カウンター
 
名言
 
ブロとも申請フォーム
 
 
当ブログについて
 
逆アクセスランキング
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。