迷走するブログ(゚∀゚)

気になった記事やニュース・動画などを紹介していくサイト

 
おすすめのサイト |д゚)
 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国政府の秘密文書を調査した結果 ワクチン詐欺の実態が明らかとなる


Category: ニュースでは語られない話   Tags: ニュースでは語られない話  ワクチン  イギリス  
2012_1204_wakutin.jpg
英国における情報の自由法(FOIA)にもとづいて過去30年間の間の政府の秘密文書を調査した結果、政府の専門家は以下の事項を隠蔽していたことがわかった。
1  ワクチン(複数)は旨く機能しない。
2  ワクチンは疾病予防には有効ではない。
3  ワクチンは子供に対して有害である。
4  政府と専門家は、結託して大衆に対して嘘をついていた。
5  政府と専門家は、安全に関する調査を妨害していた。





ワクチン詐欺が暴かれた  2012年12月2日

http://www.ashtarcommandcrew.net/profiles/blogs/the-vaccine-hoax-is-over-december-2-2012
The Vaccine Hoax is Over ~December 2, 2012

Posted by Jose Ignacio Contreras on December 2, 2012 at 8:53pm


これらのワクチンは米国で子供たちに強制接種されているワクチンと同一のものである。
教育の有る両親たちは、子供たちをワクチンの害から逃れさせるか、歴史上最大の、最も悪意ある、多量の重金属、ウイルス、マイコプラズマ、糞便、他の種のDNAの断片、ホルムアルデヒド、殺菌剤であるポリソルベート80を含むワクチンが近代医学の奇跡であるという嘘をそのままにして暮らすか、のいずれかの選択ができる。

米国で、疾病予防センター(CDC)に対して、自閉症の息子を持つ医者が、ワクチンの危険性についてCDCが知っているかどうかについて、20日以内に対応するようにとの規定がある米国の情報の自由法によって情報の公開を求めた。ほぼ7年後に、この医者は裁判に訴え、CDCは文書を公開する必要はないと主張した。判事は2011年9月30日に、CDCに対して文書の公開を命じた。

2011年10月26日に、デンバーポストの編集者はオバマ政権が、基本的に透明であるべきことを約束したにもかかわらず、CDCのような政府機関が、秘密を踏み越えて、ある文書について不存在宣言を許すという内容の情報の自由法の改定を提案した。

この米国の推奨ではなく義務としている米国の子供たちの健康に関する進行中の大規模なCDCの隠蔽と同時に、CDCは数十年間に亘ってフッ素化合物による障害とその全てのアメリカ人の生命への影響、特に子供と免疫に対する影響事件が示談に付されていたことについての隠蔽で大きいトラブルを抱えていた。これらの事件については告発が準備されている。体重あたりのフッ化物摂取量では子供は大人の3~4倍で、健康に害を受けた可能性がある市民である、歯科関係者、透析の必要がある腎臓疾患患者、糖尿病患者、甲状腺疾患患者の数は数百万にもなる。

CDCは明らかに米国市民の健康に害を与えるように行動している。しかし、CDCの行動が米国人の生命に与えた脅威はそれに留まるものではない。CDCは米国の全ての州の教科書に記述されている新型インフルエンザのような世界的流行病(パンデミック)防止法の制定に参画している。この法律は、政府がパンデミック緊急事態を宣言した場合には、政府のために、米国全土での、未知の、未試験のワクチン、薬剤、化学物質、病気治療法を強制的に実行する権限を行使するために軍隊を利用するように仕組まれている。

このようなパンデミック緊急事態宣言に対する情報の自由法に基づくCDCの信頼性は無い。なぜならば、2009年に、CDCがH1N1によるパンデミック緊急事態を宣言した後、CDCはCBSが起こした情報の自由法に対応する情報公開を拒み、それに対する調査さえをも拒んだからである。CDCが隠していたことは、歴史上最大の医療スキャンダルのうちの一つについて果たしたCDCの役割であり、CDCは、H1N1事件であると主張したデータの大幅な誇張を前面に押し出し、そうすることによって、米国において、パンデミックについての誤まった印象を作り出そうとしたことである。

CDCは又、誤まったパンデミックに対するワクチンが米国に数十億ドルの負担を要したので、その救済に伴う財政的なスキャンダルを隠蔽した。さらに悪いことには、CDCは、殺菌剤であるポリソルベート80を含有する未試験のワクチンを妊婦に接種した。CDCによれば、ワクチンに関係する死は、流産による死よりもはるかに衝撃的な数で、2009年には700%もの増加に達した。

ワクチン詐欺の暴露は、パンデミックインフルエンザではない原因で大量の人々が亡くなった1918~1919年の恐ろしい詐欺と肩を並べる。これは人間の歴史上最大の工業的災厄で、2000~5000万の人が死亡したが、インフルエンザが原因であるとされている。薬品工業の始まりは、この死の原因になった薬品、アスピリンの成功から始まっている。モンサントもその一部を担った。インフルエンザの神話はジョージ・ブッシュによって利用され、世界中の人々を、数百万人の人が新種のインフルエンザによって死亡すると脅したが、これはパンデミック法を世界中の国の教科書に掲載させようとする恐怖戦略であった。その後、CDCはパンデミック詐欺を利用して、H1N1に対する恐怖を作り出し、致命的なワクチンを大衆に強制し、生まれかかっていた赤ん坊やそのほかの人たち数千人を殺害した。(CDCはデータを公開しようとはせず、同じワクチンを強制接種し続けている。)
ワクチン計画による詐欺は、英国の情報公開法(FOIA)によって暴露された。

CDCの子供の生命に対する関心が、ある医者のワクチンの危険性の知識に関するFOIAに対する拒絶反応によって明らかになった。

1918年~1919年のパンデミック詐欺は、カレン・スタルコ博士の、アスピリンの人々に対する殺傷効果に関する研究で暴露された。

FOIAに対する拒絶反応にも関わらず、CDCの2009年のインフルエンザパンデミックに関わるスキャンダラスな詐欺とそれに関わるCDCの役割はCBSニュースによって明らかにされた。

オバマ政権はワクチンに関係して本当に起きたことについての秘密の名残を調査する試みの中で、政府機関の文書が存在していないと宣言し、透明性を要求する主張を不存在として片付けようとした。

しかし、未試験のワクチンを全国に強制するパンデミック法は誰に対しても決して接種されることがないワクチン混合物を製造するHHSと共にいまだに存在しており、ワクチンに対する責任は誰にも課されていない。一方、カナダ人の研究では、子宮内の赤ん坊を殺すH1N1ワクチンを含有するインフルエンザワクチンは、実際には、重大なパンデミックインフルエンザのリスクを増すことが証明された。

CDCの恐るべきワクチンに子供を提供するように騙されてきた米国人は今や対抗手段を持つに至った。暮らしを営み、全ての組織に属する人々は、以下のことを実行しなければならない。

1  英国のFOIAから情報を取り、30年間に亘るワクチンの嘘、CDCがこれらのことについて知っていることに関する全ての情報の提供の拒絶、オバマ政権がこれらの嘘をCDCが知っていたことを隠蔽しようとした事実を暴露し、州議会に赴き、CDCのワクチン接種計画とパンデミック法をただちに白紙に戻すように要求する。
2  全ての現役、退役銀人、法務執行官、米国国土安全保障省及び医療担当者はワクチン詐欺について知識を得て、自分たちの家族が大いなる脅威にさらされていることを知るべきである。国にパンデミック緊急事態、あるいはバイオテロリストの攻撃であるからといって、この人たちを死の媒介者にさせる、製薬業界(銀行家、及びオイル企業と区別は困難であるが)によって機関構造の中に組み込まれてることに気付いていない人たちにこのことを知らせなければならない。今では、テロリズムやバイオテロリズム構造は、これらの法律を利用してこの国を守るために取られるあらゆる行動が、実際には、アメリカ人の存在を危うくするための嘘であることが完全に明らかになった。

1918年~1919年に数百万の人々を殺害したのはアスピリンであった。今では、数百万の人たちに死の脅威を与えているのは、未知の、未試験の、禁止されている添加剤を含有するワクチンなのである。同時に、CDCは50万組の巨大な死体焼却用の棺おけをアトランタ郊外の建物に保管している。更なる詳細に言及するまでも無く、CDCは市民の健康に如何なる形でも関係するべきではないことが明らかである。

私たちは、英国のFOISAの制定に大いなる感謝を捧げる。


翻訳 Taki 


ブログパーツ

インフルエンザワクチンはいらない (双葉新書)
母里 啓子
双葉社
売り上げランキング: 40854






アクセスランキング

Comments

Leave a Comment



★管理人からのお知らせ★

やっと時間に余裕が出てきたので
またぼちぼちと更新していこうと思います。
よろしくお願いします。
ひさしぶりに設定いじってみて思ったけど、このサイト重すぎ…(´・ω・`)
 
ブログ内検索フォーム
 
おすすめの商品
ESET パーソナル セキュリティ 3年版(最新版)
ESET パーソナル セキュリティ 3年版(最新版)
すごく軽いのにしっかり守ってくれる、おすすめのソフト
 
 
FC2カウンター
 
名言
 
ブロとも申請フォーム
 
 
当ブログについて
 
逆アクセスランキング
 

Archive   RSS   Login

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。